2008年04月30日

ラルク世界初!海外ライブを生中継…5・9パリ公演

ラルク世界初!海外ライブを生中継…5・9パリ公演
KISS■人気ロックバンド「ラルク アン シエル」の5月9日のフランス・パリ公演が、東京・大阪など5都市のシネコンで衛星生中継されることが26日、分かった。海外コンサートの同時生中継は世界初の快挙となる。
■現在、ラルクは世界ツアー「TOUR 2008 L`7~Trans ASIA via PARIS~」の真っ最中。19日は上海で1万6000人を動員。この日は、初の台湾公演を台北の中山足球場で開催。1万7000人の台湾っ子を熱狂の渦に巻き込んだ。パリでのライブは数年前からオファーを受け続けており、昨年7月にパリで行われた「JAPAN EXPO」でライブビデオを上映したところ5000人のファンが殺到するなど、欧州での人気も証明されたことから、今回のパリ公演が実現した。
■ライブ会場となる「ルゥ ゼニット アリーナ」はU2、エルトン・ジョン、オアシスなどがライブを行っている海外アーティストのライブの聖地。ラルクにとって節目のイベントを日本にいるファンと共有できるように、との配慮から今回の企画が決まった。
■パリでのライブが現地時間午後8時スタートのため、日本では10日午前3時スタートとなるが、パリ公演限定グッズの販売もあり、デジタル上映のため臨場感たっぷりの映像が楽しめる。「ラルク アン シエル」はフランス語で「虹」の意味。パリから日本のファンへ、ライブ生中継という壮大なアーチをかける。
(4月27日、スポーツ報知)
□TOUR 2008 L'7〜Trans ASIA via PARIS〜 
パリ公演生中継日本時間:5月10日(土)午前3:00〜 
全国5ヵ所のシネコンにて
【新潟】T・ジョイ新潟万代
【東京】新宿バルト9
【大阪】梅田ブルク7
【広島】広島バルト11
【福岡】T・ジョイリバーウォーク北九州
料金:¥5,000-
チケット販売方法: http://www.music-airport.com/ods/index.html
□現地時間:5月9日(金)午後8:00〜 
パリ:ルゥ ゼニット アリーナ Le Zénith de Paris
★フランス語では「ラルク・アン」と切れずに、「ラルカン」と発音される。そこはフランスで突っ込まれないのか(笑)。フランスのファンサイトを見てみると、略称の「ラルク」をローマ字式に raruku と表記している。さらに X JAPAN もフランス進出する。「7月5日、フランスのパリで2万人規模のライブをやります」と Yoshiki がすでに表明している。フランスでのJ-ROCK、Visual-Kei(ビジュアル系) の人気は本物のようだ。

なぜラルクと浜崎あゆみは全世界を魅了するのか
■ラルクも浜崎あゆみにも、圧倒的な悲しさがある。ラルクも浜崎も大規模な海外ライブツアーを成功させるほど、世界的にも人気がある。なぜラルクや浜崎は、全世界を魅了するのか。その秘密は、死と隣り合わせなほどに、悲壮美を伴った、彼らの作品の悲しみにある。(全文はタイトルをクリック)
(4月20日、ツカサネット新聞)
★いくら悲しみと死が歌われているからと言って、浜崎あゆみと hyde と村上春樹と三島由紀夫をひっくるめて論じるのは多少強引な気がするが、確かにフランス人にどのように聴かれているかというのは気になるところだ。単にファッションなのか、それとも詞の内容にも踏み込んだ深いレベルの共感なのか(CDには訳詩がついているのか、それとも熱心なファンは日本語が読めるのか)。また、以前は厳然たるヒエラルキーが存在していた文学とロック、フランスと日本の関係が完全にフラットになってしまっているのも興味深い現象だ。
□フランスのファンサイト http://www.laruku.fr/
□関連エントリー「新しいゴシック世代(1)-(3)



★commented by cyberbloom

rankingbanner_03.gif
↑ライターたちの励みになりますので、ぜひ1票=クリックお願いします!

FBN22.png
posted by cyberbloom at 00:23 | パリ ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 時事+トレンド特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントします。1回生のときは授業でお世話になりました!
3回生のこの時期、来週パリ公演に参加してきます☆☆
初のパリがこんなかたちになるとは思わなかったのですが、せっかく仏語もかじったのでオプショナルツアーなど申し込まず、いろいろ自力で観光してきたいと思います。
ところでフランスのファンサイトを初めて見たのですが、一切ルール無視の無法地帯だったのですごく驚きました。
日本ではアーティストの写真とか(公開していない)本名とかを無断で載せている著作権・肖像権無視のサイト、マナーの悪いサイトはすぐに事務所に通報される(その後勧告?)と思うのですが・・・フランスの法律はよく知りませんがこれは無しだと思います。。
Posted by flower at 2008年05月02日 03:46
flowerさん、コメントありがとうございます。ぜひ、ラルクのパリ公演の現地レポートお願いします。向こうのファンとも交流して、ラルクのどこがいいのか聞いてきてください。コメント欄にでも書き込んでいただければ、エントリーで紹介しますから。気をつけて行ってらっしゃい!
著作権・肖像権に関してはどうなんでしょうね。フランス(語)だからつっこまれないだろうという確信犯なんでしょうか。
Posted by cyberbloom at 2008年05月03日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック