2008年11月15日

「千と千尋の神隠し」宮崎駿インタビュー(3)

インタビュアー:少なくとも「紅の豚」以来、あなたは豚にとても興味をお持ちですね。「千と千尋」では、千尋の両親は誰もいない街に着いてすぐに豚に変えられてしまいます。
宮崎駿:はい、なぜならば、豚はすべてを食べつくす貪欲な生き物だからです。それは今日の日本を象徴しています!

インタビュアー:ところで、すべてを飲み込んでしまうカオナシはどこから来ているのですか?またこの映画には、カオナシ、坊、千尋の両親など、過食の強迫観念があることに気がつきます。
宮崎駿:そうです。これらの登場人物たちは性格的に欠陥だらけです。私はこの映画を私の友人たちの2人の娘のために作りました。2人は千尋と同じ10歳です。私は「善と悪の戦い」のようなものを見せたかったのではありません。世界の真実を見せたかったのです。少女たちはあまりに単純な善と悪の二元論的状況ではなく、あるがままの世界を発見しなければなりません。過食といえば、私はだいぶ前に「バベットの晩餐」を見ました。とても美しい大好きな映画です。その映画でも登場人物たちはたくさん食べます。

インタビュアー:あなたは、千尋/千のような子供が大人たちを救い、超常的な世界をサバイバルできる純粋さを持つとお考えなのですか?
宮崎駿:私は千尋が彼女の両親を救ってはいないと思います。最終的に人間の姿を取り戻したときでさえ、千尋の両親は本当には変わっていないのです。こういうタイプの親は日本にゴロゴロしています。日本でこの映画を見た2千万人の観客の中には子供だけでなく、多くの親=豚がいたはずです!子供たちは失敗してもやり直すことができます。あらゆる純粋さを失ってしまった大人たちとは反対に、決して遅すぎるということはないのです。しかし子供たちがこの純粋さを必ずしも持っているとは限りません。千尋は特別かわいいわけではありません。千尋は日本の何百万の少女たちと同じなのです。しかし、千尋が他の少女たちと違うのは特別な冒険をしたことです。

インタビュアー:楢山節考」の今村昌平が言うように、現代日本は幻想にすぎないのでしょうか?
宮崎駿:彼の映画は見たことがありません。本当のことを言うと私はほとんど映画を見ないのです。ましてや日本映画なんてもっと見ません。私は本当の日本がどうなのかということを子供たちに見せたかったのではありません。2時間内で、現在の世界を表現することはできないし、それは私の意図するところではありません。千は公衆浴場で働かなければならなかった。仕事をもらわなければ、自分が消えてしまうことをわかっていました。これは今の日本の少女たちの運命そのものと言えるかもしれません。サバイバルするには多くの勇気が必要です。




千と千尋の神隠し (通常版)千尋の両親がガツガツ食べながら意識を失い、豚になり、知らないうちに意識が戻ったとすれば、彼らが自分たちの行動を省みる機会はない。宮崎は千尋の両親だけでなく、「千と千尋」を見た観客の中に多くの「親=豚(parent-cochon)」いると手厳しい。確かに日本人はああいう状況に出くわした場合、同じような行動をとるかもしれない。屋台の料理を断りもなく勝手に食い散らかして、後でお金を払えばいいと考えるかもしれない。千尋の両親はありふれた日本人である。父親はいかにも体育会系って感じで、アウディに乗っている。千尋は甘やかされ、少しだらしのない感じのする一人っ子である。宮崎が言うように特に可愛いわけでもない。

宮崎のアニメには美少女キャラが「私、どうしたらいいかわからないの」と泣くシーンがよく出てくる。「オマエが撒いた種だろうが」とつっこみたくなるが、宮崎オジサンは少女にそう言われる(言わせる)のが好きなようだ。千尋にはそういうのがなくて良い。もっとも、カマジイやリンなど、ベストなタイミングで彼女を助ける周囲の好意は常に存在するのだが。

「みんなの中にカオナシがいる」とは宮崎駿本人の言葉。カオナシは金で人の関心を買うことしかできない。それ以外に人の心をつなぎとめるすべをしらない。カオナシが何も欲しがらない千尋にいらだち、「欲しがれ」と言う(この台詞はフランス語では Prends!=取れ、と訳され、うまくニュアンスを伝えていない)。これは資本主義の至上命令でもある。カオナシの出す金に群がる同僚たちにとは裏腹に、ほとんど悟りの境地に達し、凛とした強ささえ感じられる千尋は、金も食べ物も欲しくない。ハクを救うことしか頭にない。カオナシにきっぱりと、「あなたは私が欲しいものを出せない」と言う。

現実に世界に戻ったとき、銭婆にもらった髪留めがキラリと光る。全く変わっていない両親とは裏腹に、千尋が確実に成長したことを物語っている。千尋は「仕事をもらわなければ消えてしまう」運命にあった。これは「仕事がないと自分もない」、つまり「仕事を通して自己実現せよ」というメッセージである。実際、千尋は仕事で認められ、両親を助けることができた。しかし、このメッセージは現在の労働環境を前にすると非常にシビアに聞こえる。それは仕事での自己実現を煽る一方で、人間を熾烈な競争にさらし、仲間どうしで足の引っ張り合いをさせる。宮崎はそこまでの世界を想定していただろうか。今や仕事で自己実現できる人間なんてわずかしかいないし、仕事の中で信頼できる人間関係をはぐくみ、大切なことに気がつくことも稀なことだ。それ以前に多くの若者がそういう仕事=冒険のチャンスからも見放されている。

宮崎が次の「千と千尋」を書くとすれば、競争から降りよう、別の自己実現を目指そうという話を書いた方が今の若者たちにアピールするかもしれない。「千と千尋」にはすでに「欲しがらない」という重要なテーマが出てきている。「欲しがらない」ことは「欲しがれ」と命令し続ける社会からのひとつの降り方なのだから。

「千と千尋の神隠し-宮崎駿インタビュー(2)」

人気ブログランキングへ
↑ポチっと Merci!
FRENCH BLOOM STORE.png


cyberbloom

rankingbanner_03.gif
↑ライターたちの励みになりますので、ぜひ1票=クリックお願いします!
FBN22.png



posted by cyberbloom at 01:09 | パリ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宮崎駿 Studio Ghibli | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は結婚していません。子供もいません。結婚して子供を持って・・・。それが大人なのか?と何度も考える出来事がありました。今もあります。道を歩いていてもスーパーに買い物に行っても。豚が豚を生まないよう願います。
Posted by リコリス at 2014年11月21日 23:43
コメが8年程遅れていますが、10年ぶりに「千と千尋」を観ました。
アメリカで良くウケたらしい都市部の大学生の一人としてこの記事に感想を申し上げます。
観ていて、つくづく社会の欲につられて動く人々を湯屋で働く者達やカオナシに合わせていました。純粋さをほぼ100%なくしてしまった人からして、そんな社会は嫌だと思っても、どうしようもないと感じます。人は競争が好きです。他人が儲けている倍以上に儲けようとします。そして、儲けずに必要最低限さえ手に入らない現状も忘れられません。だが、この映画は少なくともその醜さを知らずに生きている人々に伝える役割を果たしたと思います。
もう一つ、この映画が「仕事での自己実現」を勧めていることに関しては、私は違う風にとらえました。私は観客が千尋のように仕事や冒険で自己実現するように教えているのではなく、ただ自己実現しなさい、と言われているのだと感じます。千尋には特別な経験がありましたが、観客はそのような道のりを辿らなくても良いのです(まず、辿ろうとするのは色々な意味で無理でしょうが)。ただ甘ったれで人に頼りっきりの小娘が自分で自分の世話が出来、他の者が頼れる大人に成長したように、観客(または、元監督の友人の娘達)も個人にしかわからない分野で成長してほしい、と宮崎元監督は願われたのだと私は思っています。
長々と書いてしまって申し訳ありません。
(少し日本語に違和感がありましたら、海外在住18年の人間だから仕様がないと多めにみてもらえましたら助かります)
Posted by キャンディ at 2016年01月18日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109682456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック